眉メイクと、どこでメイクするか

私は数年前から眉メイクが変わっていない、いつも同じ眉を描いていると自分でも思うし指摘されたこともあります。
同じ眉メイクばかりしていることは、とてももったいないことなんですよね。
きれいになるチャンスを自ら棒に振っているのと同じなんですよね。
目元や眉は顔のどのパーツよりも人の印象を左右します。
眉の描き方1つで顔の印象ががらりと変わりますよね。
顔立ちをハンサムに見せるたり、優しく見せたり、時には色っぽく見せることもできます。
その日の気分やファッション、TPOに合わせて眉を描き換えるといろいろな自分を楽しむことができて、より自分自身を魅力的に見せることができますね。
いろいろな眉を描いてみることで、こっちの眉の方が似合うかもと言う気づきにもなりますしね。
また、眉の描き方によっては鼻を高く見せることも、目を大きく見せることも、ほっそりと小顔に見せることもできるんです。
眉は顔の表情や人相を決めるパーツなので、毎日丁寧に描くように意識ししましょう。
私は時間がない時は、いつも同じ眉をぱぱっと描いてしまっていたので、自分を更新する機会を捨ててしまっていましたが、眉を描く時間を大切にして、キレイになれるようにしていきたいです。

また、どこでメイクするかが仕上がりを左右します。
家でメイクをした時は完璧だったのに、自然光の下で鏡を見たら意外とメイクが濃かったなんて経験をしたことがありませんか?
以前私が住んでいた家では暖かいオレンジの光を放つ白熱灯を使用していました。
白熱灯の下でメイクをして外出したところ、ショーウインドーに映った自分のメイクを見て愕然としました。
眉やチークがイメージよりもかなり濃かったんです。
白熱灯はやや薄暗く、色味がぼんやりと見えてしまうことから、つい無意識でメイクをしてしまったようです。
できるだけ明るく、左右の顔に均一に光が当たる場所、これを満たす場所でメイクをするのがオススメ。
特に眉を左右対象に描くには、必ず意識したいことです。
例えば、窓からの光や電気の光が顔の片方にだけ当たっている場所は避けます。
光が当たっている部分と影になっている部分とでは、眉色の濃さが異なって見え、左右の眉色がちぐはぐになりがち。
また、光の当たり方によって左右の骨格が異なって見えるため、左右対象に描いたつもりが、明るい場所で鏡を見てみると違う形に仕上がっていると言うことがあります。
メイクの色味をしっかり把握し、左右のバランスを取るためにも、顔全体が明るく照らされる場所でメイクをすることが大切です。

まつ毛にも注意したいですね。まつ毛の場合はビューラーやまつエクなどで、まつ毛を傷めてしまいがちです。
私は、まつ毛美容液でケアしています。
自分を磨くために、面倒になることもありますが努力していきたいですね。

育てる系の化粧品

最近は育てる系の化粧品、増えてますよね。以前の化粧品が、塗るとか足りないものを「足す」という発想だったのと比べて、最近の化粧品には発想の転換が進んでいるような気がします。

なぜなら「育てる」形のものが増えているから。どういうことかと言うと、お肌の潤いに関わる善玉菌(美肌菌)を増やしたり、再生医療の考え方を取り入れてお肌の細胞自体を活性化させたり。要はこれ、自分の肌自体をきれいにしようということ。この考え方は、以前のこういう発想とは一線を画すような。つまり、「乾燥肌」だったら潤いを足して潤いチャージすればいいとか、「油分が少ない」ならクリームで塗ればいいというような考え方とはちょっと違う。

以前はつまり、根本的な大事な問題(肌自体の力が戻らない)は全く解決しないまま、修正したり補充したりして足し算だけしていた感じ。それに対して最近は、大元の問題を解決して、お肌自体を嗅がせて輝かせようと言う発想は明日がここのところの動きのような気がします。

もちろん、以前から有効成分を使ってシミやそばかすをどうにかしようという発想はありましたが、それも「できちゃったからどうにかしよう」という対処療法のような感じで、細胞自体を元気にしようとかお肌の上にいる善玉菌を増やそうとかいう発想ではなかった気がします。

やっぱりなんというか、ずっと足りないものを足し続けるよりも、自分の体自体が改善してくれた方が良い気がするのです。なんでかなぁ…と考えたら、これまでの発想だと、年齢が上がるとコンディションがどんどん悪くなる一方だったのに、この新発想だと、まだまだ自分自身が良くなれるというところに魅力を感じるんでしょうね。

まつ毛も、まだまだ育てられるようです。従来の育毛剤成分だけでなく、再生医療の発想も取り入れた美容液が発売されたと知って驚きました。そういえば再生医療の発想(ヒト幹細胞培養液とかEGFとか)を取り入れる美容液が増えてきていました。確かに、お肌に再生医療の発想が使えるのなら、まつ毛にも使えないわけがない。

気になる人はこちらのサイトが参考になります: bat-ayin.org

旅行のYouTube動画を見ると行った気分になれる

ここ最近の私は職場の人間関係で疲れることが多く、帰宅するとぐったり疲れてしまっていることが多いです。
自分だけ仕事で不公平で割を食ったり、二度手間を強いられて不満だったり、そんな嫌なことが職場で会った日は帰宅後もずっと気分的にカリカリして、自分でもストレスが溜まっているのを感じます。

そんな時には職場と全く違う状況のYouTube動画を見て旅行に行ったような気分になるのにハマっています。
仕事の長期休みに旅行に行ってリフレッシュするパターンを、一日の終わりにYouTubeで疑似的に体験しようというわけです。
近頃は旅行系YouTuberも増えてきているし、旅番組がそのままYouTubeで見られる場合もあります。

私の場合は未知の海外旅行先の動画よりも、自分が過去に行ったことのある外国のYouTube動画を見るのが好きです。
そうすると、「あ~これこれ。食べたことある。美味しかったなあ。」とか「ここに行ったときはすごく暑かったけど楽しかったなあ。」と動画を見るだけでその当時の気持ちを蘇らせることができるからです。
旅行YouTuberの動画はYouTuber本人が映っていなくて、過度な編集の無い主観で撮影されているホームビデオのような動画のほうが好きです。
そのほうが自分自身が旅をしている気分が強まるからです。

ストレスが溜まっている時でもだいたいこういう旅行動画を見終わった後は、気分が完全にリフレッシュされるので精神的にも落ち着きます。
次回の旅行はまたここに行ってみようとか、行ったことのない隣の国にも足を延ばしてみようと気持ちも未来に向けることができます。

旅行動画を視聴することは、一時的に旅行に行ったのと同じ心理効果がある気がします。
職場から戻ってすぐ、イライラしたまま食事やお風呂に入ると、イライラの記憶が何度も蘇って不機嫌が消えません。
でも一旦旅行動画を視聴して見終わった後は気分が完全に切り替わるので食事中やお風呂の中でもリラックスできていい感じです。

敏感肌のあなたにも健やかな肌をサポートするトライアルキット!

肌が乾燥するようになりヒト幹細胞美容液を使っています!

肌がとても乾燥するようになり、目元や口元は特に乾燥するようになったので保湿力が高いヒト幹細胞美容液を利用することにしました。
肌につけるとスーッと浸透していくのがわかるので、すぐ肌にハリがでるのは嬉しいです。そして素肌が綺麗になり弾力ある素肌になることで、アンチエイジング効果を実感することができます。
ヒト幹細胞美容液を選ぶ時には、高濃度のものを利用しているので、肌がとても柔らかくなります。ヒト幹細胞美容液を使う時は少量で良いのでコスパもよく、毎日のスキンケアに利用しています。

肌本来の美しさを引き出してくれるので、乾燥しやすい目元・口元はハリは出てきてシワが少しずつ改善してきたのを実感できるようになりました。
素肌が綺麗になることで、メイクするのも楽しくなってきたし、ヒト幹細胞美容液を利用することでだいぶ日常生活が大きく変化してきたのがわかります。素肌に透明感がでてきたし、心地よい肌になりました。

毎日スキンケアを頑張っていますが、年々悩みが増えていきます。
肌のうるおいやハリがだんだん無くなってごわついている気がして、いつものスキンケアにパックを追加したりしていましたが効果はいまいちでした。
ネットで調べたらヒト幹細胞美容液がいいと知ったので使用してみました。スキンケアに取り入れてみると、浸透して肌がモチモチになったのが自分でも実感できました。

私は、肌の新陳代謝をあげたかったのですが、ビタミンBを一緒にとるといいことがわかったので、ビタミンBがとれるサプリメントも服用しています。
使用し始めてから、副作用などはでていません。傷やニキビがあるところだけは避けて使用しています。
また、私はまつエクをしているので毎日朝晩まつげ美容液を塗っています。
そのまつげ美容液にもヒト幹細胞美容成分が入っており、まつげが太くしっかりするようになりました。
まつエクつけに行くたびにお店の人がまつ毛を褒めてくれます。

ヴィオテラスHSCセラムでは口コミによると効果がとんでもなかった!

ターンオーバーについて誤解していませんか?

私は誤解してました。
お肌のターンオーバーの乱れって、お肌の細胞が新しいものに入れ替わる「ターンオーバーの期間が長くなってしまうこと」だと思っていました。

でもこれって実は逆みたいです。つまり、お肌の細胞が入れ替わる期間が短くなってしまう事を言うのだそうです。

「え?細胞が入れ替わる期間が短くなるのなら、新しい細胞がどんどんお肌の表面に出来てきてお肌がフレッシュになってきれいになっていいんじゃないの?」

そう思いますよね?私もそう思っていました。

実際、私の場合はちょっと敏感肌で、ちょっと何かあるとすぐ粉を吹いたように薄皮が剥けてくるので、
「まぁ、薄皮が剥けるんだったら、そのあとは新しい肌なるから、今はちょっと汚いけどしばらく我慢すればいっか」と思いました。

でもそうじゃないんだそうです。

これだと、肌の細胞の入れ替わりの「あるべき理想の期間」より細胞が育つ期間が短くなり、未熟な細胞がどんどん表面に出てくることになってしまうのだそう。
なので、その細胞は未成熟なために乾燥が進んでしまったりして、お肌の表面が凸凹したりしてしまうんだそうです。えー、マジでやばい。

つまり細胞の成長にも必要充分に時間をかけてゆっくり成長させてあげなければいけないみたいです。と言うわけで私も全く間違ってました。

私の間違いはたぶん、「年齢が上がると代謝が悪くなって、怪我がなかなか治らなくなる」とか「歳を取ると一度出来たシミは、なかなか消えなくなるよ」とか言われていたので、細胞が入れ替わるのに時間がかかることと言うのは悪いことだと思っていたんだと思います。
だから、若い細胞がどんどん出てくるので良いことだと思ってたんですね。

と言うわけで、すごくお肌に悪いことをしていたと最近知りました。過去は取り返せないけど、今から頑張らねば。

というわけで、最近は美容液でもターンオーバーを整えるためにいろいろな成分が注目されてますね。

例えば美肌菌をお肌の表面に育てて潤いを持たせたり、再生医療の技術から生まれたEGFを配合したり、ヒト幹細胞培養液原液を入れたり。

最先端の技術を取り入れた商品はまだ原料が高価だったりしてなかなか化粧品自体の値段が上がってしまいます
が、化粧品会社の方でも「まずは手に取って試してみてもらいたい」といろいろ割引キャンペーンを行ってたりするので、上手に使いたいですね。

たとえばこちら、おすすめです。
https://hashersunited.com

潤いのある基礎化粧品を使い始めて感じる効果

私にとっての肌悩みは、乾燥です。顔だけでなく、全身がカサカサしていて、秋冬になると粉吹き状態になります。

髪も美容を意識する女性にとってはじっくりとヘアケアしたいはず、私も同じなのですが、フケやかゆみまでが生じてしまう乾燥肌の悩みから抜け出せないでいます。特にフケは清潔にしていても「不潔」だと見られてしまうもの、コンプレックスにもなっています。

今は、新型コロナウイルスによる予防策として常にマスクをつけているので、口元の粉吹きをカバーできますし、鼻呼吸ですが、体温の効果もあってか、マスクで蒸れるから一応マスクの下は潤ってはいます。

しかし、目元、おでこなどはカサカサしたままです。もちろん、保湿といえばワセリンですし、皮膚科でも処方されるので、ワセリンを使用するのが一番なのでしょうが、ワセリンはベタつきやすく、さらに美容成分が含まれていないので、ただ乾燥させないだけで、美肌にはなれません。

メイクも一応するので、ベタつきでベースメイクさえまともにできないので、ワセリンは塗ってはいません。スキンケアアイテムとして使っているのは、うるおいと名のつく基礎化粧品です。

特に美容液がお気に入りで、わずか1滴なのに、濃密な潤いが肌に秒で馴染みます。1滴に凝縮された美容成分のおかげだと思っていて、刺激性の少ないナチュラルな酵母が配合されています。

乾燥が気になるところには、指先でトントンと軽く押し込むように馴染ませています。使った効果としては、まだ使った期間が短く、1ヶ月も経過していませんが、かゆみなどの刺激性も今のところありません。

シリーズで使っており、化粧水と美容液の効果だと思うのですが、手を頬にあててみれば、ハリが出てきたような感覚を覚えます。化粧水はさらりとしているのに、しっかり超保湿と謳うだけあって、吸い付くような手触りが最近出ています。

だから、これまでの肌とは今は、若干水分量が増えたと思います。
http://o24.kill.jp/

メイクを落とさないと

メイクを落とさないで寝ると、一晩で3歳も歳をとるようですよ。
仕事や家事などに忙しくて、後でメイクを落とそうと思っていたらついつい朝まで寝てしまった…なんて経験がある人は多いんじゃないでしょうか。
私はたまにメイク落とさないで寝てしまうんですよね。
でも、メイクを落とさないで寝てしまうのは、肌の老化を加速させてしまう減原因のひとつになっているそうです。

メイクを落とさないで寝てしまうと一晩で3歳も歳をとる、ともいわれているんです。
メイクアップ化粧品は、特にファンデーションは肌との密着性を高めるために、油性の成分や顔料が使用されています。
それらは放置しておくと汗や皮脂と混ざり合って活性酸素を出し、過酸化脂質に変化していきます。
おの汚れが毛穴に入り込むとターンオーバーがスムーズいかなくなって、その結果、肌の老化とつながってしまうそうです。

毛穴に詰まった油や皮脂は、キニビや肌荒れなどさまざまなトラブルを引き起こします。
98%の割合で人の顔に生息しているという顔ダニの大好物は、こうした皮脂であることがしられています。
顔ダニは、わずか10日~14日で卵からかえって繁殖するそうです。
顔ダニはある程度であれば多くの人にいるのでそれほど気にする必要はないようなんですが、量が増えすぎると皮膚炎を引き起こすそうです。
顔ダニを繁殖させないためにも、眠るまえにはしっかりと、絶対にメイクは落としましょう。

私は顔ダニが多くの人の顔に生息しているなんてことを知ったときには青ざめました。
もう絶対に寝る前にはメイクを落とします。
それでもうっかりメイクを落とさないで寝てしまった場合は、まずお風呂に入るか、蒸しタオルを当てると良いようです。
毛穴を開き、汗をかいて老廃物を排出させて、皮膚のサイクルを正常に戻せるそうです。
入浴が難しい場合は、蒸しタオルで顔を3分くらい蒸して、毛穴を開いてあげると良いようです。

そのあとで、クレンジングと洗顔できれいに落とす、十分に保湿をしましょう。
メイク落としは面倒ですけど、しっかり落としましょう。
私は最近はメイクしたまま寝るなんてことなくなりました。
なんでかというと、クレンジングと洗顔のときに美顔器を使うようになったからです。
この美顔器が気持ちよくて、きれいにメイクも落としてくれるんです。
しかも美顔器専用のジェルとかではなく、普段使っているもので良いんです。

ヘッド部分が金属じゃなくてシリコンなんで広く密着されてメイク落としも早く終わるんです。
オールインワンジェル塗るときも、美顔器でマッサージしています。
すごく使い勝手が良くて気に入っています。
この美顔器はhttps://www.ja4me.org/を参考にしました。
良かったらどうぞ。

超絶乾燥肌、アトピー肌でも大丈夫スキンケア

私は、生まれつきアトピー性皮膚炎を患っております。特に外で体を動かしたりお風呂あがりで少しでも乾燥してしまうと、体の関節部分(膝裏、ひじ、手首等)や顔の痒みが酷くなります。

夏は、暑くて汗をかいて痒くなり冬は、すぐに乾燥して痒くなり年中乾燥して痒くなります。色んな皮膚科に通院し診てもらって、塗り薬や飲み薬を使っても中々改善されませんでした。

しかし、ネットやYouTubeでスキンケア方法等を調べ様々な商品を試して来た結果、段々肌の調子が良くなって来ました。その中でも一番乾燥の激しい顔の肌の調子は劇的に変わって来ています。

今までに様々な商品を試して来た商品の中で、やっと今に行き着いた商品を紹介します。私がスキンケアで使っている商品は全部で5つあります。これらの商品の種類と使い方をお教えします。

1つ目は、パーフェクホワイトクレイです。洗顔専科さんの商品でパーフェクトシリーズの中で一番のしっとり系です。まずはこの商品で2回洗顔します。次に2つ目の商品であるキュレルを使います。

私が使っているのはキュレルの化粧水しっとりタイプⅢです。洗顔をしてからなるべく早めに顔に染みらせるように塗って下さい。その次は3つ目の商品の無印良品のホホバオイルです。

最初は少しぬるぬるして感じが悪いかもしれませんが、慣れれば気になりません。ホホバオイルはとても肌の保湿をしてくれます。最後は、4つ目の商品のヴァセリンです。ホホバオイルで保湿をして後にヴァセリンでコーティングをして完成です。

また、薬局やスーパー等でも売っているため、手に入りやすいです。もう1つの商品はあまり使いませんが、乾燥がかなり激しい時に使います。5つめがキュレルの保湿クリームです。匂いにとても癖がありますが保湿時間がかなり長くて、時に酷い時にはかなり役に立ちます。

1番のポイントは洗顔をしてからなるべく早くキュレルの化粧水で保湿をする事です。洗顔後は命の30秒です。私は、このスキンケアルーティンを始めてから、約1ヶ月が経ちますが、3日程で効果を実感し特に副作用等はありません。以上、超絶乾燥肌でも大丈夫スキンケア方法でした。

http://kurucore.jp/

年齢相応に美容液はルーティンに取り入れるべき

若い頃は脂性肌に悩み、1日経つとギトギトになって化粧崩れを起こすほど皮脂には不自由しませんでした。
メイクを洗い流しても元来色白だったこともあり、スッピンで外出していたものでした。
ただ、皮脂汚れを洗い流した後の洗顔後の渇きをいやすだけのために化粧水だけは使用していました。
ところが年齢を重ね更年期と言われる年齢にさしかかった頃から、普段のストレスや疲労がもろに顔に出すようになりました。

寝不足すればクマが出来、寝起きのお肌には枕の跡がくっきりとついてこの跡が外出の時間が迫っているのにも関わらずなかなか取れなかったり、あんなにキメが細かかった肌も毛穴の開きが目立ち始めておまけにクスミまで出始めて…。
最初はこれも年齢のせい、仕方がないのだと諦めムードで若い頃と同じようなスキンケアを繰り返していました。
洗顔後の化粧水、乾燥が厳しい時にはプラスして保湿用クリーム、スキンケアはこれだけです。

後はメイクに取り掛かるのですが案の定肌のハリが足りないためかノリがイマイチ。
特に感じたのはまぶたのメイクがしにくくなったことでした。
まぶたの皮膚は柔らかいのでハリがなくなると非常にメイクに手間取ります。
まずアイライナーが一発でひけません。

皮膚がアイライナーのペンの動きでヨレてしまい、きれいな一本線がスッとひけないのです。
更にはまぶたの下がり。
年齢とはいえ、目が一回り小さく見えてしまい、老け顔を象徴するかのようになってしまいます。
眉毛の位置を工夫してまぶたを広く見せないようにごまかしてもやはりパッチリとした瞳が見えない事には若見えはかなわないことを悟りました。

そこで、満を持して美容液デビューをすることになりました。
美容液といってもピンからキリまでありますが、お高いイメージが付きまとっていたのでその時が来るまでは使わない、と構えていましたがもう限界です。
私が使った美容液は皮膚のターンオーバーを促し皮膚の再生をすることで美白やお肌のハリ・ツヤを蘇らせるとうたわれたものです。
とにかく試しに1か月程使用して分かったことは、化粧水や乳液、クリームとは基本的に機能が異なるということです。

化粧水や乳液、クリームがお肌の失われた水分の補充をするという次元のコスメだとすると、美容液はさらにランクアップさせたい時に使用するコスメであるということです。
つまり、化粧水のような保湿しました・つけました感がないのにも関わらず、肌に弾力と血行が良くなったことで明るい顔色を得ることが出来ました。
メイクノリも良くなったことでアイメイクの時短もかないました。
年齢相応に美容液はルーティンに取り入れるべきであると実感しています。

イデアルモイスチャーの口コミを見てみる

シワ・シミなど肌の老化は避けられない40代のスキンケア

20代・30代の頃の自分は、40代の今と比べ、メイクに費やす予算や時間は全く足りていなかったのにもかかわらず、自分の肌に特別なトラブルを感じた事はありませんでした。
仕事や人付き合いで睡眠不足が続いても、食生活が乱れていても、少々の肌荒れとニキビが気になっていたくらいだと記憶しています。
そのため、スキンケアへの意識は低く、基礎化粧品は必要最低限で安価なものを洗顔後に使っていただけでした。
化粧のノリが悪いと感じ始めたのは30代半ば頃からです。
鼻の周りは脂っぽいのに、Tゾーンはカサついて、乾燥肌と脂性肌が合わさったような肌状態、ファンデーションを塗った後もなんとなく顔全体に赤みがあり、せっかくメイクをしたのに満足感を感じられない日々が続きました。
やはり加齢とともに肌も老化していくんだ、と実感した頃、偶然にも友人からプレゼントに基礎化粧品のセットをいただいたのです。
そのセットはエイジングケアを重視したもので、中にはヒアルロン酸配合と表記された美容液がありました。
美容液の知識はほとんどなかったものの、せっかく使うのであればと、とにかく毎日2回の丁寧な洗顔を心掛けました。
そして洗顔、化粧水のあとはその美容液を使う、と言うルーティンを2週間程つづけたところ、明らかに触った時の肌に変化があったのです。
粉が吹いていた乾燥部分はツルツルと滑らかになり、脂っぽい感覚と違ってモチモチとした弾力感が生まれ、メイク時は下地とファンデーションの重ね塗りもなく、少量でもスッとなじむようになりました。
シワ・シミなど肌の老化は避けられない40代に、保湿や美白など、様々な効果が期待できる美容液は強い味方です。
色々なタイプを試しながら自分の肌に合ったものを見つけていきたいと思います。
スキンケアをする事で化粧のノリは良くなり、肌のコンディションが良いと言う事はモチベーションが上がり、日々の自信に繋がると実感出来ました。

ヴィーナスリフレクションの口コミを見てみる

私の肌の悩みは乾燥なので、洗顔は気を付けて行っています。

私の肌の悩みは乾燥です。なので毎日のように洗顔は気を使って行っています。特に私がこの乾燥という肌の悩みを改善するために行っていることは、石鹸の洗顔をしているということです。

コンプレックスは乾燥しているために肌がとてもカサカサに見えてしまうことなのですが、やっぱりとてもつらいことなのでこれをどうにかしたいと思って始めました。

スキンケアアイテムは、私はアルソアの洗顔せっけんのクイーンシルバーというものを使っています。
私はこの商品を友人づてで知りました。それ以降使い続けています。

使った効果は、人によって違うかと思いますが、私の場合は、お肌の状態がいい状態になったということが言えます。

それに、とても気持ちがよく洗顔できるので私は気に入っています。使った期間は、もう何年もリピートしています。この商品を知ってからずっとリピートしていたので、私は毎日のように使っています。おそらく1年半くらいは使い続けているかなと思います。

副作用は私は特に見当たらなかったですが、個人差もありますし、何とも言えないところだと思います。
私は石鹸自体はとても使いやすいものだと思っています。

なぜなら、とても泡立てがいいですし、泡が弾力がありますし、石鹸が泡立てやすいと感じているからです。
本当に最後の最後まで使い切る爽快感は素晴らしいものがあると思っています。

色は黒色ですが、私はかっこよくてシンプルで好きです。
それに、においが私は高級なにおいがするので気に入っています。

値段も張りますが、私は値段相応だと思っています。
洗顔はやっぱり優しく泡立てて優しく使いたいので、この石鹸は泡立ちがよいのでいいなと思っています。

一番初めは泡立てるのに時間がかかりましたし、上手な泡立て方があまりなかったのでそこまで感じなかったのですが、やっぱりいろいろと感じてみて一番いいと思ったのは、私の中ではこの石鹸が一番いいと感じました。

なのでこれからも使い続けていきたいと思っています。

参照元