歯を白くするために、そして歯を守るために質が良い歯磨きペーストを使う

歯が黄ばんでいると口元がきれいじゃないですよね・・・。やっぱり歯が白いと口元や顔全体の印象が変わります。だから歯が白くなると謳っている商品が人気になるんだと思いますよ。私も歯を白くしたくてこれまでいろんなホワイトニング製品を使ってきました。

最近気に入っているのは知覚過敏を防ぎながら歯を白くする歯磨きペーストです。この頃歯磨きペーストが昔より良くなってきているというか、いろんな効果がある歯磨きペーストが増えて嬉しく思います。昔は歯の汚れを落とす程度の歯磨きペーストが普通でしたから、知覚過敏を予防したりホワイトニング効果がある歯磨きペーストが増えてありがたいです。

値段もそこそこですね・・・。安くはないけれど高いとも言えないような微妙な値段です。私は500円以下の歯磨きペーストは使わないと決めています。500円の歯磨きペーストでも内容がよければ使うかもしれませんが、研磨剤がたっぷり入っている歯磨きペーストは歯と歯茎に悪いので使いません。歯磨きの度に研磨剤で歯と歯茎が傷つくのが怖いのです。

だいたい1000円程度の歯磨きペーストを使っていますが研磨剤不使用のものを使うことが多いですよ。それでも歯が白くなります。

研磨剤が入っているものは着色も綺麗になりますが、たわしでゴシゴシしている感覚というのはあながち外れていません。

なので小さな傷ができてしまい悪化させてしまうこともあるようです。
磨き方次第なので一概には言えないと思いますが、個人的には研磨剤が入っていない方が安心です。

歯医者さんでクリーニングをしてもらうような感覚で毎日できればすこぶる良いのでしょうけれどね。

個人で徹底するのは楽じゃありませんし、歯磨き粉の選び方を誤ってしまって歯をボロボロにするのもなんだか嫌なんですよね。

ジェルはペーストと比べると泡立ち感が少なくスッキリしないと感じる方もおるようです。

歯磨き粉は好みに合わせて選ぶものですし、必要に応じて成分を切り分けできるのもメリットのひつと言えると思います。

https://cwill.main.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です