市販でOK!炭酸水を使ったスキンケア方法

「炭酸がお肌にいいって聞くけど、実際にどうやって使えばいいのかわからない」
「市販の、ペットボトルの炭酸水でスキンケアしていいの?」

などなど、この記事では炭酸水スキンケアの方法をまとめます。

炭酸水スキンケア/炭酸水の選び方

炭酸水を使ったスキンケア時に使用するのは、コンビニやドラッグストアで購入できる普通の炭酸水で問題ありません。

購入時は「無糖」の、いたってシンプルな炭酸水を選びましょう。レモン風味などの、フレーバー系の炭酸水は避けてください。

炭酸水の硬度は、可能であれば日本人の肌に合う「軟水」がおすすめ。

はじめて炭酸水スキンケアを試す場合や、敏感肌さんで皮膚への刺激が気になる場合は、微炭酸タイプの炭酸水を選ぶと優しい使用感でケアできます。

炭酸水スキンケア/やりかた

炭酸水を使ったスキンケア方法は汎用性が高いので、洗顔料に混ぜたり、そのままお顔を浸したりといろいろな使い方ができます。

炭酸水でお顔をケアする
炭酸水でのお顔のケアは、洗面器を使うと便利です。まずはじめにふつうのお水ですすぎ洗いをします。次に、洗面器に炭酸水を移し替え、そのままお顔を浸してください。

炭酸水をコットンやシートマスクたっぷりと付けてから、5分程度パックするのもおすすめです。コットンパックするときは、お顔が乾かないように多めの炭酸水でヒタヒタにしてください。コットンパックのあとは、通常通りの保湿ケアを行います。

炭酸水で頭皮ケアする
炭酸水を使えば、頭皮のケア・ヘッドスパも行えます。

まずはじめに、お湯で髪をすすぎ洗いします。(※シャンプー前)その後、炭酸水を頭皮にかけて、頭皮マッサージをします。

炭酸ガスが頭皮・毛穴の奥の余分な皮脂を吸着し、浮かして落とす働きに期待が持てます。

炭酸水は自分で作成も可能!

炭酸水を使ったヘッドスパは、頭皮や髪への良い効果が期待できる反面、大量に炭酸水を使うため、ペットボトルの炭酸水を使うのはちょっとコスパが悪いとためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、炭酸水を自作すれば、お値打ちに炭酸水を使ったスキンケアが可能になります。

炭酸水を自作するために用意するものは「重曹とクエン酸」の2つ。

重曹は食用と掃除用がありますが、肌に直接付けるものなので「食用の重曹」がベターです。

水500ccに対し、重曹5g、クエン酸5gを混ぜ合わせると炭酸水ができあがります。

※自作の手作り炭酸水は、作成後に炭酸がどんどん抜けていきますので、すぐに使い切ってください。

手持ちの化粧水と混ぜ合わせて、手軽に使える炭酸パウダーは以下の記事でも紹介しています。あわせて参考にしてください。

Vtan炭酸美容パウダー口コミ

セルフホワイトニングがホームホワイトニングよりお得に歯を白くできる理由と裏事情

自分でホワイトニングをするセルフホワイトニングが流行っていて、最近は歯科医院ではなくて、ネイルや美容室のように、ホワイトニングサロンに通う人もいます。
手軽に歯を白くできる場所が増えてうれしいですが、なぜ、手ごろな価格でホワイトニングできるのでしょうか。
なぜなのか調べてみました!

■人件費がかからない
セルフホワイトニングは自分で行うホワイトニングなので、歯科医院や専門クリニックで行うオフィスホワイトニングのように、人件費がかからないことが、大きな理由です。

オフィスホワイトニングですと、歯科医師や衛生士などの資格を持った人が、こちらの希望する白さや要望をカウンセリングした後は、すべて施術してくれます。
薬剤をより効果的に使用するためのクリーニングや、塗りやすくするための器具の準備や薬剤の塗布、など、じっと座っているだけで、ホワイトニングをお任せできるので、とても楽ですね。

■設備がない
歯科医院のように歯科専門のチェアやレントゲンなどの設備も必要ないため、初期投資があまりかからず、それが料金に反映しています。
医療設備がない代わりに、エステやネイルサロンのように、ゆったりとした雰囲気でリラックスしながらホワイトニングできるのがいいですね。

■薬剤が安い
オフィスホワイトニングで使用している薬剤は過酸化水素という漂白剤で、一般には販売されていないものです。

一方、セルフホワイトニングのサロンで使われているものは、市販で手に入るようなものを使っていたりするので、値段も抑えられています。

・使われている薬剤の種類
【酸化チタン】
LEDの光をあてることで、歯の表面についた汚れを分解する効果があります。痛みがないのが特徴です。
日常生活の飲食やタバコでこびりついた歯の表面の汚れを分解するだけなので、自分の歯の本来の色よりも真っ白な歯にはなりません。
黄色人種である私たちは肌と同じように歯も黄色味がかっているので、真っ白!という色にはならないのです。

【ポリリン酸ナトリウム】
あまり聞かない言葉ですが、リンの一種で私たちの体の中にあるもので、安全性も認められているものです。
また、ポリリン酸ナトリウムは、変色しないような役割をもつポリリン酸の一種で、歯磨き粉などにも使用されており、歯石がつきにくくなる効果もあります。

酸化チタンと同じく、痛みがあまりないのが特徴ですが、ポリリン酸には着色汚れを落とすと同時にコーティングする効果があります。
なので、ホワイトニングした後の汚れがつきにくくなるというメリットがあります。

(まとめ)
人件費や薬剤なので価格が抑えられている分、通いやすく歯の白さも持続できそうだな、と思いました。
歯を白く、といっても真っ白、よりも、清潔感のある歯の本来の色がいい、という人にはぴったりかもしれませんね。

タヴァティーの口コミ