口臭ケアも大事だが、結局は歯のケアが一番大事だった

私の父は50歳を目前にし自分自身の匂いについて、見直し始めました。

体臭も気にしてはいましたが、実際体臭は香水を振ればまだカモフラージュは出来ていました。

ただ口臭は時間が経つにつれ匂いは増し食事をした後などは、口臭と食べ物の匂いが混じりとてつもない匂いがするそうです。

父はその事がとても気がかりでした。

小さい頃からきちんと歯磨きをしてこず大人になったそのまま歯を磨かず寝てしまった事や、歯磨きをした後にまた食事をとりそのまま寝てしまう事が多くあり、今では奥歯は銀歯だらけです。

この前は銀歯がとれた事で隙間ができてしまい、放置して歯茎が膿んでしまって余計に悪臭を放っていた事があったそうです。

歯医者に行った時には、早く来なくちゃだめだよとはご指導を頂いたみたいですが、父は仕事もありますし歯医者に行く事が何よりもめんどくさいと言っていました。
ですがそういう経験もし、今まできちんと磨いていれば現在そこまで苦労する事も無かったのにと思う事もある様です。

もう一人私の彼も現在口臭と虫歯に悩まされています。

彼は中学時代から歯医者に行く事をやめました。
ですが違和感に気づいたのは、寝起きの時の口の悪臭と口の粘つきでした。

彼も歯医者に行く事はめんどくさいのと、治療が怖いとの事で自分自身で口臭ケアに使用するリステリンやG.U.Mを使用し始めました。

ですがなかなか改善される事は無く使用直後スースーとしたり爽快感があるだけで、結局長時間続く訳ではなかった様です。

少しの期間使い続けましたが、一向に改善される事もなく最終手段として歯医者に行く決意をしました。

すると奥歯の表面が黒くなっており、虫歯が5本あると医者から伝えられました。

どれくらい虫歯が進んでいるのか削ってみないと分からないと言われ、治療する決意をしたそうです。

結局虫歯は奥深くの方まで進行しており、治療は長くなると言われました。
奥歯は歯を磨くのも難しい位置にあったりします。

今回私が二人から聞いて思ったのは、やはり口臭ケアも大事ですが日頃からの歯の検診やケアが大事なんだと思います。

彼ら二人とも歯を大事にしてこなかった結果が今になって最悪の結果として出てきており、きちんとしておけば良かったと言っています。

歯の検診やケアをしつつ口臭ケアは最後の仕上げ的な形での使用方法が一番良いなと思いました。

歳をとるにつれて骨も脆くなり歯も脆くなってきます。

若いうちに歯をしっかりと丈夫にすべきと改めて実感しました。

ノッシュの効果・口コミに嘘ないの!?|最安値で購入した私のレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です